2006年03月04日

自宅マシンのソフトアップデート。
 Sylpheed 2.2.0 → 2.2.2
 iTunes 6.0.2 → 6.0.4
 Jane Doe Style 2.22 → 2.23

この手の更新、自宅デスクトップ・ノート、会社デスクトップ・ノートと4回しないといけないのがカッタルイ…。
まぁ、必ずしもしなくていいんだけど、なんとなく気持ち悪いので。

そういえば、会社環境ではデスクトップとノートでメールデータを時々同期してやってるんですが、Sylpheedだと1メール1ファイルなので、かなり時間がかかってしまう…。
Datulaの頃も時間かかってたけど、その比ではない感じ。リストの作成とタイムスタンプ比較が時間かかるのであろう。
うまいやり方orいいソフトはないもんか。
いまはBackup使ってます。
ちなみに、IMAP使えってのはナシです。なにせ、会社環境なので…。

2006年03月01日

大方の予想通り発表・発売。
1.5GHz Core Soloで\74,800、1.66GHz Core Duoで\99,800という価格だとPPC Mac miniの時ほどインパクトを感じないのは私だけ?

SPECintやSPECfpで今までより3とか4とか5倍早いと言われても…。
数値計算するわけじゃねーんだから。

2006年02月24日

会社で使用しているMUAはdatulaからSylpheedに完全移行しました。
おそらくデータも抜けてないと思うんですが、3GBを超えるメールデータを精査する気にはなれまへん…w

あとは家。
新規メールはSylpheedで読むようにしてますが、既存のメールデータをどうするか悩み中です。
早く移行しきって、常駐してるPOPfile止めたいんですけどね…。
Sylpheedと連携できるbsfilterそれなりにきっちりSPAM判定してくれるみたいなので。

2006年02月21日

Mail User Agent。というわけで、メーラのことです。

nntpもシームレスに扱えるMUAということで、長らくDatulaをレジストして使ってきたんですが、
(1999年くらいからかな?その前は電信八号。あと並列で大学のmew。)
サポートどころか、とうとう配布まで中止されてしまったので、乗り換え検討中。

ただ、エクスポートがフォルダ単位でしか出来ないので、うまいやり方がないか探してます。
export.cというCLIのDatula mbx→mbox形式のコンバータは見つけたんですが、どーも取りこぼすので。

ちなみに乗り換え候補はSylpheedです。
サマリの作成がおっそいのは大いに不満ですが、なかなかフリーのメーラってないので…。

2006年02月19日

kwsk → くわしく
mjky → まじかよ

わかんねーよ、こんなんw

2006年02月11日

Solarisにぱっちあて中。
まぁ、たまにはね。

2006年02月05日

http://www.apple.com/jp/intel/ads/

うーん、CPUが変わったからどうってもんでもないでしょーに。
あと、Macでないとクリエイティブなことできないわけでもないでしょーに。

なんというか、今更intel CPUをAppleが褒め称えるのは見苦しいですな。
ところで、AGPアパチャーって正確なところ、なんなんでしょ。
あんまり解説されているサイトがないみたいなんですが。
EMSページフレームみたいなもん?(ふるっ)
その割には物理メモリの使用量としてカウントされていないような。
あと、256MBにするとうまく動かない的なページもいくつかあったけど、理屈的には小さいほうがトラブル起きそうなもんだが…。

2006年01月26日

R4もちょっと新しくなったようで。
耐圧100kgボディ化とHDD増量、1.3GHzのCPUがマイレッツでは選択化、という感じ。

うちのは2005年夏モデルなわけですが、ほとんど違いないので、まだ全然うらやましいと言う感じではないですね。
HDDも80GBにしてあるし。(まったくもってスカスカですけど)

2006年01月10日

Raptorの新製品についてこの間記事を投稿しましたが、今度は透明カバーバージョンRaptor X(WD1500AHFD)だそうで…。
日本で販売されるかどうかは不明ですが、ちょっと欲しいですよね。
しかし、WDってこんなに遊び心のあるメーカだっけ?

2006年01月09日

長らくMUAとしてDatulaを使ってきました。
また、今でも使っています。
が、色々あって(と噂で聞いた)バージョンアップがなくなり、とうとう開発元のトップページがしばらく前から下記のような状態になってしまっています。
http://www.onsystems.co.jp/
(いくつかのニュースサイトにも情報が載っていましたね)

で、乗り換え先を探しているのですが、なかなかいいものが見つからない状態です。
とりあえず、ちょっと気になっているのはQMAIL3Sylpheed/Win32

当時(いつごろだったかな?)、SMTP/POP3とNNTPを同時に扱えるということで、確か電信八号から乗り換えた記憶があります。
かなり前からNNTPは不要でしたが、バージョンアップしなくてもかなり当初から多機能であった、手になじんでいる、気になる不具合がなかったなどのことから未だに使っています。かなり大量のメールが入っていてもそれなりの速度で動くんですよね。検索はちょっと遅いですが。
でも、さすがにサポートがないことを宣言されているものを使い続けるのもちょっと…。

皆さん書かれていますが、OpenDatulaになってくれないかなぁ。

2006年01月06日

Solaris標準のdhcpサーバを使っているのだが、クライアントのPC(WindowsXP)から突然うまくアドレスが取れなくなった…。
クライアントの設定を変えたりしていたので、そのせいかなとも思うんですが、元に戻したつもりでも全然ダメ。
Etherealでキャプチャしてみると、dhcp discoverに対してdhcp offerはきっちり出ているのだが、クライアントはdiscover出しっぱなし。
何が気に食わないのやら。
メンドクサイので、とりあえずアドレスを固定にしてしまって凌ぎ中。

しかしSolarisのdhcpサーバ、GUIなしだとかなり設定しにくいな…。
CLIだとdhtadmとpntadmを使います。GUIだと/usr/sadm/admin/bin/dhcpmgr。
画面リモートに飛ばそうとしてもJAVAアプリのせいかうまくいかないし。
久々にSunのキーボードとマウスを引っ張り出しました。

2006年01月05日

IBM的にはUnbuffered DIMMをUDIMM、Registered DIMMをRDIMMとスペックに書いていたのか。
結構今まで構成組んで売ってきたけど初めて気がつきました。
IBMだとx336以上はRDIMMですね。

2006年01月04日

WD1500ADFDってのが出るみたいですね。
かなり久々のRapter新型です。
ベースのドライブの世代が変わってますから、記録密度的にもバッファ的にも速度は向上しそうです。

WD740GDで$169.99のところ、WD1500ADFDは$299.99となってますんで、かなりいいお値段で日本登場するんでしょうねぇ…。
ま、私にはこんな高価なもん買えません。

そういえばサーバ界でも、IBMやhpのIAサーバではRapterって採用されてない気が。
ニアラインストレージでもあんまり見ない?あまりよく知りませんが。
SATA使うようなところだとローエンドなんで、微妙にスペックが上がっても、ってことですかね。

じゃあ、どういう人が主に買ってるんだろう?
よめPCですな。
パーツ買いに行くのと組むのとゴミの処理が面倒くさかったので、ショップブランドです。
ちなみに、Sycom G-Master II AMD Edition。有名どころですな。
こんなの
PCじゃないですな。Sun Ultra5です。
2003年10月にオークションで購入。
こんなの
まいれっつくんです。
こういう値段&構成で2005年5月に購入。
こんなの
メモですよ。
現時点ではこういう構成になっています。
ミニタワーに詰め込んでいるので、静穏化は困難。
結構都度都度パーツを入れ替えたので、構成としても微妙かも。
こんなの

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。