2006年12月17日

ちょっと話題になっているエントリ、SCEと任天堂の「いつか来た道」
高校時代はこんな話ばっかりしてたような気がしなくもないなぁ。

個人的な原体験で言うとゲームウォッチ→ファミコンではなくて、小学生低学年のころ、友達の家でファミコンが出る前カセットビジョンで遊んだことがありますな。
きこりの与作とかテニス。
カクカクで単音だったけど面白かったし衝撃だったなぁ。
で、ぴゅう太も存在は知ってた。

ので、その辺やNEC-HE系が端折られてるのが残念だけど、話の本質じゃないし既に十分長文の大作だーね。

ところで、Wii並ばずに今すぐ買いたいんですけど。
この記事へのコメント
FXが3DO以下の扱い!
Posted by nerius at 2006年12月17日 10:25
さもありなんw
ネオジオとかMartyなんか影も形も〜。
Posted by SNE at 2006年12月17日 17:55
任天堂も3D表示がウリのゲーム機出してなかったっけ?
Posted by QA at 2006年12月18日 10:54
3Dというかなんというかw
ワイヤフレームって死語かのぉ。
Posted by SNE at 2006年12月18日 22:53
あらかじめ作っておいた絵を連続で出せば3Dなんてやらなくてもよい!
とかいう迷言を日電さんが。
Posted by nerius at 2006年12月18日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29786252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。