2006年05月27日

キヤノンも開発やめるとかなんとか。

ところでカメラって、デジタルになっても光学系ってのは銀塩と同じじゃないといけないのかね?
素朴な疑問。
デジタルに適した画期的なものとかないのかな?
それとも既に大幅に違うもの?
Permalink | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 00:34
この記事へのコメント
根本の原理的には、違うところは無いな。どちらにせよ平面に像を結ぶわけで。  
応用面でも、「デジタルに適した光学系」のメリットは難しいな。CCDが小さいから基本的には光学系が小さく出来ることとぐらいしかメリットが無い。
 他には「デジタルの光学系だからできる」ことより「デジタルだからしなくちゃいけない」ことばかり。 解像度要るし、入射角は立てなきゃだめだし・・。某メーカのデジタル専用一眼レフがCCDの小ささの割りにレンズでかいのは、それだ。
 あと、地味だがゴミ問題もCCDの嫌な所だ! 一度着いたら着きっぱなし!
Posted by ikurou at 2006年06月06日 18:21
ふむ、現状むしろデジタルのが設計上の制約が多いのね。
光学系で像がひずんでても良しとしちゃって、(で、すげー小さいorすげー明るいにする)受光素子もそれにあわせて格子をゆがめるとか平面じゃなくすとか、だめかなw
Posted by SNE at 2006年06月07日 22:43
フォトリソみたいね
Posted by K本 at 2006年06月08日 06:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18419784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。