2006年09月03日

有名な話みたいだけど、DASH村の場所

だらだらとWikipedia見てて、大まかな住所があったのでGoogle Mapsに入力してみてたら見つけ。
でも既に有名な話らしいというオチでw
Permalink | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 17:41

2006年09月02日

LVSとkeepalivedを使ったPCによる負荷分散構成の話
大変参考になる。商用バランサ危うしw
今やってる仕事で提案してみたいですね。
BIG-IPを捨ててもらって、ってのもなんなんで、表側は継続してそれ使って、裏側セグメント用にって感じでしょうか。

ただ、keepalivedのVRRPによるネットワーク的な冗長構成に関してちょっと気になる、というか疑問点あり。
書式調べたりしてないんですが、設定ファイルを見ると同じVRIDで2つの異なるセグメントのVirtual IPっぽい。
これはそうしないと恐らく表裏のMasterが一致しなくなるんじゃないかなと想像。
でも、VRRP Helloパケットは表裏どっちから出るんだろう?両方?
両方から出る場合、どちらかだけ受け取っていれば切り替わりなし?
片側だけの場合、その反対側の障害検知なし?
マルチネットになっているIPインタフェースではこういう事をやることはあるけど、そうでないところで同じVRIDの同じVRRPインスタンスの中で異なるセグメントのVirtual IPを設定していいんだろうか?
(私の知ってるL3スイッチのVRRPだとIPインタフェースにVRIDが紐付くので、こういうconfigはerrorになって受け付けられないと思う。)
試されている通り、箱ごと落とすと綺麗に切り替わるとは思うんですが、eth0だけ抜くとか、そういうことをやった時にどう動くのか気になるところです。

なお、表と裏でVRIDが違うと、障害パターンによってはそれぞれ異なる系がきっとMasterになります。
そうすると、なにかしらダイナミックルーティングなプロトコルが動いていないと正常に動かないです。
ある側での障害発生によるVRRPの切り替わりが、その逆側のVRRPと連動しないので。

まぁ見当違いかも&自分で調べろ・試せよって話なんですが、手ごろな環境と時間がない…。
Permalink | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(1) | 22:38
サーバの内蔵HDD、最大4台まででもHotSpareが1台取れるとうれしいかもです。
RAID1+HSで3本の構成ですね。
出来るかどうかRAIDコントローラに依存しますが。

最近内蔵ディスクは2.5inch/3.5inch、SATA/SAS/SCSI/FC(これはIAサーバではないか)、SCSI系であれば10Krpm/15Krpmとディスクの選択幅が広くて悩むどころです。

ところで皆さんIAサーバのハード障害検知ってどうしてるんでしょ。
(サービス影響がないようなRAID1の片方死亡とかそういう障害ケースの場合)
大抵ログに出ないんで、LED見るか専用サーバたてるしかないってのが多くて悩み中…。
Permalink | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 21:48
今回はCanon ivis
作編曲菅野よう子だって。
歌っているのは湯川潮音

メジャーアルバムは「湯川潮音」ってやつ。

しかし女性シンガーソングライターに極端に偏った音楽趣味だなぁ。
Permalink | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 13:25

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。